ミッション

世界がキャンパス Challenge and Innovation !!!

青森山田学園は2018年に100周年を迎えた私学です。幼稚園、中学高等学校、専門学校そして青森大学があります。青森山田学園は100周年を機に、大きく変革への舵を切りました。ICTの発達による社会全体の急激な変化を前に、教育のあり方を人間重視に切り替えました。コンピューターに使われる人間ではなく、コンピューターを使いこなす人間を育てるため、「偏差値より創造力」を掲げました。芸術やスポーツ、自然体験など感性を重視した教育を展開し、その土台の上に豊かな知性を実らせる方向です。
青森大学は、東京キャンパスを設立し、総合経営、社会、ソフトウエア情報学部の日本人学生を対象に、「1,2年生は青森or東京で、3,4年生は青森で」という勉学システムを開発しました。そして3,4年生には各学年に3か月間のインターンシップがあり、学年の半分を日本中どこでも、いや世界のどこででもインターンシップの受講ができるようになりました。
社会人と外国人留学生は4年間東京でも青森でも勉強でき、3、4年生の時にはインターンシップを受講できます。東京キャンパスでは外国人留学生と日本人学生を半々とし、アジアをはじめ多くの留学生と机を並べ、国際的視野を広げます。青森大学のキャンパスは青森から東京へ、そしてまた全国、全世界へと広がり始めています。
東京で1,2年間がっちり勉強し、3,4年は青森で、自然が美しい地域社会に身を置きつつ、グロ-バルに目を向け、半年単位で武者修行の旅に出ていただきたい。インターネットをフル回転し、世界のどこででも勉強しながら実践経験を積んで欲しいのです。
これまでの「大学」の概念を吹き飛ばし、まったく新しい大学を創っていきたい。先生が黒板に書き、それを覚えて良い点を取る、という大学はもうやめにしたい。「記憶力重視ではなく意欲重視」。自分で考え、自分で学び、自分で行動する学生を育てたいのです。総合経営学部は中小企業経営とベンチャー、社会学部は地域創生と福祉に重点を置き、ソフトウエア情報学部はICTのプロを育てます。
青森大学の学生は、インターネットに乗って自分の力で世界に飛躍していくのです。

青森山田学園理事長
岡島 成行

 

© 2021 青森大学東京キャンパス