ミッション

青森山田学園は2018年創立100周年を迎え、青森大学東京キャンパスを設置しました。その後いくつかの実験を繰り返し、2019年4月、東京キャンパスが本格的に活動を開始しました。東京キャンパスでは現在、22人の留学生が勉強しています。5月の連休明けには青森大学から日本人学生が合流し、留学生と日本人学生が机を並べて勉強します。今後も日本人学生と留学生が半々という形態を保っていきます。
青森大学東京キャンパスでは「偏差値より創造力」を掲げ、強い意志を持って自立する若者を育てたいと考えています。総合経営学部は、大きな会社に身を寄せるより、中小企業で頑張り、大きくしていこうとする人や自分で会社を作る人材を育成します。日本では数少ない「中小企業経営・スタートアップの専門教育」を掲げています。社会学部は、地域社会の基盤を形成する地方公務員、警察、消防、NPO、社会福祉などの分野で頑張る人、ソフトウエア情報学部でIT技術を学んで来るべき情報社会に挑戦する若者を育てます。
3学部に共通しているのは、InnovationでありChallengeです。

青森大学の母体である青森山田学園には、3つの幼稚園と青森山田中学高等学校、同専攻科、ヘアーアーチスト専門学校、そして青森大学があります。特に、中学高等学校はスポーツで全国的に有名で、卓球の福原愛、水谷隼、サッカーの柴崎岳、野球の京田陽太(中日)、木浪聖也(阪神))テニスの錦織圭選手ら多数の有名アスリートを輩出しています。

青森山田学園理事長
岡島 成行

 

更新日:

Copyright© 青森大学東京キャンパス , 2019 All Rights Reserved.